欲しい、欲しいコスメの福袋

福袋といえば悔しい思い出があります。

近くのデパートにお気に入りのコスメのお店があって、そのお店が元日に福袋を発売するという情報を貼り紙で見て、その中の1番安い福袋を買おうと決めました(安いタイプのほうが私がほしいものが入っているからで、安さだけが目的じゃないんですよ、ほ、本当です)。

そして元日、お昼過ぎにかけつけましたが・・、もうすでに売り切れてました。福袋を甘く見ていました。そんな時間に行ったらもうないということに気づくべきでした。お値段が高いタイプのものは残ってましたけど、それは遠慮しておきました。

でもこういうとき、思い切って高い福袋を買うというのもアリだなと思います。たくさん入っているはずだし、コスメですから必ず使えます。そのお店の福袋、来年こそと思っていたら次の年は別の福袋を買ってしまい、そして次こそと思っていたら店舗が撤退してしまいました(泣)好きなお店だったのに・・。

この情熱(?)はクリスマスコフレに回そうかなと思っています。

 

コメントは受け付けていません。