中身が分からない福袋で「当たり」を引いたが時の方が嬉しい。

昨今の大型スーパー系の福袋や、大型スポーツ店の福袋は「中身はこんな感じです」と表に出した形で販売されている物を多く見掛けます。確かに中身が見えることで、何が入っているのか分かった上で買うこうとが出来るので安心感はありますが、その類の福袋はその他一般で販売されたことの無い、福袋専用に作られた商品であることが多いと思います。

良く見ると、1万円の福袋には1万円相当の物が入っているのが殆どな感じを受けます。福袋に詰められる前に一般販売で、合計2万円で売られいたものが1万円の福袋となって売られているものとはお得感が全く異なるものです。

その点、数店舗しか持たないような小型のスポーツ店の福袋は違います。基本的に前年度までに売れ残ったような商品が詰めらている場合が多いです。場合に寄っては、一般販売で3万円相当の物が1万円の福袋に詰め込まれていたりします。しかし、「不要な物」が入っているのも少なからずあるものなのです。全てが「欲しかった」と思えるような福袋に出会ったら、相当ラッキーなのではないでしょうか。

しかし、それが本当意味での福袋なのではないかと思います。中身が分かっても、お得感が薄い品物が詰まった福袋よりも、宝くじ的な福袋に「当たり」を引いた時の嬉しさを強く感じることが出来るのではと思います。

 

コメントは受け付けていません。