福袋は中身が分かる方が安心して買えるかな。

福袋というと、以前は都内のデパートの福袋を求めて早朝から出掛けて行ったのを思い出します。中に何が入っているかはお楽しみ。商品券が入っていたりすることもありました。

でも、最近は現実路線に走っています。ある程度中身が分かっている物に、魅力を感じます。小売店で、ある程度の福袋というと、5千円から1万円程が主流ですが、「○○セット」という感じで中身も大体分かっている感じで売られていることが多くなりました。これは結構ありがたいです。

福袋の値段と中身の価値がどうかは、買ってみなくては分からないものなのですが、それを大体見当つけさせてくれる福袋は取捨選択に助かるのです。大型スーパーのスポーツコーナーで売られているブランド別の福袋は、購入しません。その類は、中身が分かるのですが、福袋用に作られた製品で、その他で市場に出回ることが無い物です。商品の仕様と売値を比べれば、スポーツ用品に詳しい人であればお得感があまり無いことは一目瞭然です。

スポーツ用品関係の福袋を買いたいなと思ったら、専門小売店の独自の福袋を狙うことをお薦めします。当たり外れはあるかもしれませんが、昔ながらの売れ残りの中から「これはいい!」な商品が入っていたら当たりです。

今の時代の福袋は、目利きがお得と得られるのかもしれません。これはお得なのか、そうでもないのか。福袋だからと大盤振る舞いで買ってしまうのではなく、お得感を吟味しながら福袋巡りするのも楽しいかもしれません。

 

コメントは受け付けていません。